忍者ブログ
富山大学高岡キャンパスを拠点に活動している演劇集団 激団甘辛とんぼの公式BLOGです!

(写真は今日のエチュードの内容を表したもの。なんのこっちゃですな)

こんばんは、nanaco氏です。今日もあまとんは元気に活動しました。いや~一年生や二年生の新入部員が入ってくれたおかげで、なんだか賑やかですね~。一人社会人一年生の方がいらっしゃいますが気になさらないでください。

今日は外部の方が見学に来たこともあって、あまとん部員達でエチュード(即興劇)をすることになりました。私は何回かやりましたが、やっぱ何回やっても慣れんもんは慣れませんね。毎回冷や汗かきながらセリフ噛み噛みでしています(笑)

エチュードにはいろんな形式があるのですが、今回は「起承転結」のエチュードを練習しました。このエチュードは四人一組で行うのですが、一人ずつ「起」「承」「転」「結」の役割が与えられます。最初は「起」の人から一定の時間演技をしながら、順々に舞台に登場していき、最後は「結」の人が劇を違和感なくしめるというものです。三グループで行ったのですが、皆さん、個性豊か過ぎてめちゃくちゃおもしろかったです。

具体的にどんなものだったかというと・・・・・・

・紐男と別れられない女性、パンツの場所すら分からない紐の彼氏、女性に惚れてる幼馴染、女性のお母さんによる泥沼の惨劇ストーリー

・惚れ薬を開発した思春期男子(変態)、その友人A、男子の頭の中の善意の天使と邪心の悪魔、男子の憧れの先輩によるドタバタ学園ラブコメ

・齢一五にして天に召された女の子、天国にいそうなイケメン、テレビの下っ端っぽい閻魔さま、女の子の記憶を戻す謎のミステリアスボーイによる娑婆と彼岸をまたいだ感動劇

・・・・・・文にしてみるとカオスっぷりがすごいですね。最初のやつめっちゃひどい内容だなぁ…(紐彼氏の役が自分だとは言わない

演じている時は自分が何を言っているのか全然分かんないのでものすごい変なコト言ってたと思います。ごめんやで… あんなポンポンとセリフ出るなんて皆ほんとすごいなぁ…

とりあえず今日一番記憶に残った言葉「スパイシーかずお」
(なんのこっちゃですが、二番目の即興劇で社会人一年生の方の口から飛び出した言葉です。謎ですが癖になります)

今日の活動はこんな感じです。楽しかった! ではおやすみんご ( ˘ω˘ )zzz
PR
甘とーん、チャンネルー!

別にきょうから始まったゲームのイベントが楽しくって更新がこの時間になったとか、そんなわけあるわけないじゃないですか、ねぇ??

というわけでお久しぶりです。桜月です。
冬の凍えるような寒さとようやく決別できそうでご機嫌です。

ところでみなさん、物語を紡ぐのは好きですか?
私は大好きです。
今日は、ひとりひとフレーズずつ考えていって物語を作る、ワンワードという練習をしました!
いやぁ面白かったんですよ! カオスで!!
「むかしむかしあるところに、綺麗な女の人がいました」
「その女の人は6人の男を従えていました」
だとか、突拍子もない始まり方をした時もありました。
アドリブとかエチュード力とか、そういうのが鍛えられるんだと思います。たぶん。

次の練習はGWあけ、そしたら創己祭に向けての日程とか決め始めます。
でもまだまだ新入部員は募集中なので! 興味がある方は月木18:30にB116へおいでくださいな!

では夜更かししてますが明日も授業があるので!
おやすみなさい!!
  こんばんは。四月も下旬です。
新生活や前期時間割にぼちぼち慣れてきて、そろそろ五月病の倦怠が襲いかかってきそうですね。
私はもうすでに午前の授業は負け気味ですけど。
  そんなこんなでだんだんと自分の合った場所に腰を落ちける時期に、劇団甘辛トンボに落ち着いてくれた狂った素敵な新入部員はなんと7人......!
しかもうち二人は昨日の練習見学でそのまま入部してくれました!
とても嬉しいです。
声が綺麗な子やら舞台が好きな子やらオタクやら福井県民やら、個性的な面々でこれからもっと仲良くなっていきたい......!
  まだまだ部員を募集しています。
人数が増えれば増えるほど舞台でやれる事の幅も広くなっていくので本当に大歓迎です。
それに大人数でする発声も講堂に響いて圧巻。
エチュードも色んなバージョンが見れて楽しいです。
毎週月・木のB116と講堂で練習を行なっているので気軽に見学に来てくださいね。
  昨日(4/27)は新顔が二人もいる中で、簡単なエチュード(即興劇)や吊り橋ゲームの実践的で楽しい練習をしていきました。
 お互いに反対方向の対岸を渡りたい人同士が一人しか通れない細い吊り橋 の上で出会ってしまい、どうにか対岸へ渡るために相手を説得するのが吊り橋ゲームなのですが、本気度が高いほどカオスになってすごい楽しいんですよね。
   赤ずきんちゃんとポテトを食べたい人の対決とか、トランプ信者と病気の弟持ちの姉、前にしか進めない女と熱血教師とか.......刹那に勢いがある名言が飛び交いまくっていたけど刹那的すぎて忘れました。
  あと今日はOBになってしまわれた合唱部先輩が来てくださいました。
私は半年弱大学から姿を消していたので「海外に売り飛ばされたかと思った」と言われてしまいました。
生きてましたよ。これからも生きていくのでよろしくお願いします。おやすみなさい。
ボス

 本日は朝起きたら雪が30センチほど積もっておりました。自動車通学の私は朝からすでに家の前と車の雪よかしで疲労困憊...。今日1日よく頑張った自分。

 そう言えばこの時期になるとあの人の顔最近見ないよね?という事例がちらほら。雪解けと共に姿を現してくれることを祈るばかりです。
 
 確かに雪が降ると気持ちも暗くなります。そりゃ先輩の卒論の話を聞いておびえてしまいますよ。ですが先輩いわく1年生の私は今人生のVacation中だそうです。今のうちに楽しんでおきますね、先輩!!

 さて前置きが長くなりましたが、そんな私もあと数ヶ月で先輩なわけです。まだ見ぬ新入生のためにいろいろ考え中ですよ。お芝居が好きな子にも何かを創り出したい子にもまず興味を持ってもらえるように私たちも頑張ります!早く台本決めないと。面白いことをやりたくてもそれを現実にするのは難しい。とりあえず頭を働かせます!

 では明日も雪に負けず頑張っていきましょう!!

向日葵
まず最初に・・・

劇団ふだいさん、公演お疲れさまでした!!舞台美術がずば抜けてすごいと感じました!客席側から見えない玄関も作りこまれていて、舞台美術のこだわりを感じました。




話は変わりますが、雪がすごいですね…。今ブログを書いてる私は車を持っていないので、中々外に出るのが億劫になってしまいます。なんとか授業の出席点とあまとんの活動参加のために外に出ることができてます(^_^;A

あまとんは無事に創己祭の公演を終えて、次の公演に向けた準備をしています。春公演はまた創己祭での経験を活かせる劇ができるように、一同頑張りたいと思います!

私は1年なのであまとんの過去の公演の内容に明るくないのですが、自分の記憶の中にある公演はバッドエンドが記憶に残っています。これは合唱部先輩の脚本の影響ですかね(笑)
私個人の話をしますと、劇はハッピーエンドもバッドエンドも、面白ければどちらも見るのが大好きです。てんた先輩の言葉を拝借すると「劇は自分の経験したことない体験を見ることができる」とのことで、ハッピーエンドが好まれる理由は「自分の経験したい体験」ができるものだと思います。バッドエンドでもハッピーエンドでも、「見た人の心が豊かになる演劇」が一番のベストだと私は思っています。たとえ悲しい話でも、見た後に「ええもん見たなぁ〜・・・!!」と泣いてスッキリできたらいいんじゃないかと思います。
長々と失礼いたしました(; ^ω^)
とりあえず言いたいことは、これからも喜劇悲劇関係なく!見る人が「ええもん見たで・・・!!」と思ってもらえるような、いいものを見せれるように頑張りたいです!まる!

nanaco氏
ついにやってきましたね。2017年。
あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。
と、1月の定番文句も無事言えました。。
今後あまとんがどう歩んでいくのか楽しみですね。
高校演劇とは違うことができたらいいなと思うところです。
"おおよそ演劇"くらいのことをしてもいいかもです。
せっかく芸術系のキャンパスに所属しているのだから。
逸脱尊重思想家が多いはず。
「観劇者が物語の分岐を選択することができる」演劇や
「役者を一切使わず音響照明だけでそこに人がいるかのような」演劇。
こんなのに行き着いてしまったら...。
まあ有言実行なんて言葉はとっくの昔においてきたので。。
ところで今年は祝日がことごとく土曜に呑まれてしまったようです。
カレンダーを見たら悲惨なことになってました。
祝日って増えないものなんですか。
どういう定義で祝日って生み出されるのですか。
SMAPの日とかってダメですか。。
希尚か希翔を新元号で予想してる天、でした。。

第一回公演15日、第二回公演18日、第三回公演24日
全3回にわたっての公演も無事終わりました
観に来てくださったかた、応援してくださったかた
皆様ありがとうございます!

ダブルキャストによるセリフの掛け合いの違い
ガールズ達の衣装メイクや登場シーンの振り付け
スクリーンやカーテンを使った演出...etc.

宇津見は自己満足に悩んでいましたが
中の役者としては自己満足で悦に入ってました
色々と初の試みがあり大変ではありましたが
可能性を広げることにもつながりました

しつこいようですが
激団甘辛とんぼを応援してくださった方々
最後までついてきてくれた団員のみんな
本当にありがとうございました!

次回の公演をお楽しみに!!

天、でした。
合唱部です
無事に今公演「ハッピーエンドガールズ」の千秋楽を終えることができました。観に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
パンフや最初の展開による盛大なOP詐欺はいかがだったでしょうか。去年に創己祭公演に引き続きまた騙させていただきました。まさか初っぱなからくるとは思わなかったでしょう、してやったり。
結果として内容はハッピーエンドとは程遠い内容でした。まあ見方を変えればハッピーエンドだったのかもしれませんが、それは究極のバッドエンドこそが唯一の救いの方法という矛盾をどう捉えるかですね。僕としては悲しい結末だと感じました。人によって感じ方が大きく異なるのが今回の脚本の特徴だと思っています。

伏線を細かく配置して主人公の正体を最後まで隠すといったような繊細な内容の去年の脚本に比べ、今回は大分観たまんまを楽しんでいただける内容になったのではないかと思います。ガールズ達のやり取りを考えたり、実際に役者さんがガールズになりきって演じてるのを見るのは本当に楽しかったな。

さて、今回の創己祭では初めての試みとして裏とんという企画で同人誌を出させて頂きました。僕も劇中の人物「宇津見」が残した手記という体で小説とあとがきを執筆しました。ここでは劇中で明かされなかったウツノミクスの内面と、宇津見のその後について言及されています。是非そちらも読んで頂ければと思います。

ちなみにあとがきにて宇津見の本名が「駒野月人(こまのつきと)」であることが明かされます。この人物に関しては、あまとん過去公演にヒントがあります。興味がありましたら調べてみてください。意外な作品の意外な人物とリンクしているかもしれません。

最後に、「ハッピーエンドガールズ」を完成させてくれたあまとんのみんな、本当にありがとうございました!!


脚本・役者としてあまとんに関われるのはこれが最後になると思いますが、これからも細々と演劇活動は続けていこうと思います。次はもっとえげつない脚本書きたいな。

今年の創己祭で行った公演を再演します!


激団甘辛とんぼ第22回公演
「ハッピーエンドガールズ」

演出 天、
脚本 ガッショーブ


あらすじ

「ハッピーエンドガールズ」は、真面目なユウキ、男勝りなライラ、不思議ちゃんなモネの3人が世界を幸福な結末へ導くために戦う人気アニメ。第5シリーズまで続く人気作ですが、その人気の裏にはある秘密があったのです…。


日時 2016年10月18日(火)
        10月24日(月) 18:30~開演 
              (開場は30分前です)

会場 富山大学高岡キャンパス1F講堂
            (富山県高岡市二上町180)

入場無料


前回に引き続き、団員書き下ろしのオリジナル劇!
今回は新たな試みをたくさん取り入れていく予定です

お楽しみに!!!!

ついにきました創己祭。
公演まであとすこし。

実は今回はダブルキャストなのです。
再公演も含めて全3回公演するのですが、
一部のキャストが交代で出演します。

要は毎回異なるメンバーで上演されるのです。
もちろんキャストによって反応が変わるわけで。
どの回を観にいっても楽しい。

他にも、講堂を十二分に活用しておりますので、
是非ご期待を。

天、でした。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
プロフィール
HN:
激団甘辛とんぼ
性別:
非公開
職業:
演劇人
自己紹介:
富山大学高岡キャンパス
を拠点に活動しています。

コメディ、シリアスから
感動ものまで
幅広いジャンルに
チャレンジしています!




ご連絡・ご質問はこちらから
Twitter
最新コメント
[12/13 bioskop online]
[12/13 nonton movie gratis]
[12/11 free love readings psychics]
[12/10 Buy Vigrx Plus]
[12/10 http://chandrabindu.net/?p=19914]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
携帯版はこちらから!
Admin / Write
忍者ブログ [PR]