忍者ブログ
富山大学高岡キャンパスを拠点に活動している演劇集団 激団甘辛とんぼの公式BLOGです!
どうも、あまとんの痒い所に手の届かない所、合唱部です。

千秋楽も無事に終えることができました。たくさんのご来場誠にありがとうございます。アンケートに「最後にやられた」とか「騙された」とかたくさん書かれてあってしめしめって思いながら読ませていただきました。中には合唱部の心の闇を垣間見たとかいう記述も。僕は元気です。


さて今回の脚本、1回見ただけでは各登場人物が何を考えていたのか非常に分かりにくくなっております(意図的にではありますが)。なので、各登場人物がどういう人間であるか解説したいと思います。

以下ネタバレ注意





サヤカは今回の話の黒幕でした。ほとんどの人が主人公であるサヤカだけは人を騙さない良い子だと思っていたことでしょう。それこそが罠でした。リュウトを含めほぼ全てのお客さんを騙せたことだろうと思います。サヤカは最初からずーっと演技をしていたのです。サヤカの最初の台詞「私の顔に何かついてますか?」は、まだ今日はサヤカが吸血鬼を連れてきてるか分かっていないマスターに「今日もいるからちゃんと打ち合わせ通りやれ」という意味です。もちろんリュウトにそれを悟らせないために実際にそう言うことはしなかったわけですが。

物語の展開は全てサヤカの筋書き通りです。吸血鬼がサヤカを口説き、マスターの罠によって吸血鬼だとバレ、追い詰められる吸血鬼をそれでも信じることで吸血鬼を自分に惚れさせ、そして吸血鬼を裏切り自らの手で始末する。全てサヤカに仕組まれていました。途中、何度かマスターはボロを出しかけたり、行き過ぎた行動をとったりしますが、サヤカはそれを全てフォローあるいは抑止しています。どう転んでも最終的には計画通りになるようにサヤカに誘導されていたのです。
しかしながら、今回は1つ誤算がありました。マスターが本気で吸血鬼を殺そうとしたのです。マスターの異変には殺陣の途中で気付いていたため何とかそれを止め計画には結果的に支障は出ませんでしたが。

上記の文やマスターの最後の台詞から分かる通り、サヤカの人間としての心はもはや完全に壊れています。全てを吸血鬼への復讐に捧げ特化しています。いかに吸血鬼を操り効率良くシナリオを進めるか。そういうことしか考えていないのです。では、なぜそんな人物の計画にマスターは加担しているのか。それは二人の力関係がサヤカの方が上だからです。終盤でサヤカがマスターを諌めているシーンからもそれはうかがえます。腕っぷしはもちろんマスターの方が強いですが、きっとマスターはサヤカに勝つことはできないのでしょう。なのでマスターはサヤカに逆らえません。だからサヤカの残酷なやり方に仕方なく手を貸しているのです。それでも、マスターはいつでもサヤカを裏切ることができたと思う人はいるでしょう。しかしできないのです。詳しい理由はマスターの説明の時に明かしますが、サヤカはうまくマスターの心理を利用し計画に組み込んでいるのです。よってサヤカの計画が破綻することは絶対にありません。サヤカの勝ちは初めから決まっていたのです。


これは完全に裏設定ですが、サヤカの母親を殺した吸血鬼とマスターを襲った吸血鬼は同一人物です。サヤカはすでに復讐の対象を失っているのです。そう考えるとサヤカも結構哀れな人なんです。

自分でも驚きです。こんな闇の深い娘を生み出すことになろうとは…。
PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
465  464  463  462  461  460  443  459  458  457  456 
プロフィール
HN:
激団甘辛とんぼ
性別:
非公開
職業:
演劇人
自己紹介:
富山大学高岡キャンパス
を拠点に活動しています。

コメディ、シリアスから
感動ものまで
幅広いジャンルに
チャレンジしています!




ご連絡・ご質問はこちらから
Twitter
最新記事
最新コメント
[08/18 engage in poker Online with a billionaire]
[08/11 Jack]
[08/02 Portal sobre a ejaculacao precoce]
[07/13 Paulo João]
[07/04 João Bryan]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
携帯版はこちらから!
Admin / Write
忍者ブログ [PR]