忍者ブログ
富山大学高岡キャンパスを拠点に活動している演劇集団 激団甘辛とんぼの公式BLOGです!

合唱連合です。

先日の打ち上げのカラオケでサヤカ役の〒が「サヤカにぴったしの歌あるよ」って言ってsupercellの「復讐」を歌ってました。あまりにもサヤカだったので怖くて震えました。思わず「ごめんなさいごめんなさい」と謝りまくるはめに。

さて今回はマスターの説明をします。マスターは個人的に一番思い入れが深いです。
なので文章がすんごく長いです。覚悟してね。

以下ネタバレ注意







みなさんはマスターをどういう人物だと思っていたでしょうか。サヤカとリュウトの邪魔をする悪役、吸血鬼への復讐心に囚われた残虐な人物、最初はそう思っていた人も多いでしょう。しかしそれは違います。マスターはサヤカの計画に準じ、自分が意図的に悪役になるように振舞っていただけです。そうすることで、マスターという存在はサヤカが黒幕であることの迷彩になっていました。これがマスターの一番の役目と言っても過言ではありません。


しかし、リュウトを本気で殺そうとしたことから分かるように、マスターはサヤカに対し完全に従順というわけではなかったようです。マスターにはマスターの思惑があったのです。では彼女は劇中で何を思い、どうしたかったのか。真意とは何なのか。結論から言うと、マスターはサヤカを止めたかったのです。サヤカの協力者でありながら、この残酷な計画を破綻させようと目論んでいました。


マスターは自分の正義感に忠実で、己の信念に基づき行動しています。そんな彼女にとってサヤカのやり方はとても相容れるものではありません。人間の感情を抱いた吸血鬼を裏切って殺すなど、そんなものは正義とは程遠いわけですから。そんなサヤカのことを吸血鬼以上の邪悪とさえ思っています。要するにマスターはサヤカが嫌いなのです。マスターはサヤカに非人道的な考えを改め、吸血鬼よりも酷い存在から脱却してほしかった。同じヴァンパイア・ハンターの仲間として、そして人間として。しかし、腕っぷしでサヤカを屈服させてもサヤカの根本を変えることはできないので意味がありません。もっと言えば、暴力で解決することは彼女の正義に反します。もし無理に決行して、そこをサヤカに付け込まれれば自分の信念を破壊されかねません。そういう意味でマスターはサヤカに勝てないし、恐ろしく思っています。なので、マスターはサヤカにあえて従ってあげています。自分はサヤカの計画通りに動きつつ、計画を破綻させるための隙を伺い、サヤカを止める。そして、サヤカに分からせたい。サヤカのやり方が間違っていたこと。そして自分の正義が正しいということを。マスターの人柄や二人の力関係の秘密はこんな感じです。


さて、サヤカの計画を破綻させる方法とは何でしょうか。マスター自身が手を下すのではなく、この計画そのもののせいで破綻させる方法。それは、吸血鬼に吸血鬼のままでいてもらうことです。この計画の根本は吸血鬼に人間的な感情を与えそして裏切って殺すというもの。つまり、吸血鬼が人間的な感情を抱かなければ計画は頓挫するのです。人間化さえしなければ吸血鬼は人間を騙して襲う化け物です。あとはこれを自らの手で始末すればいい。これならサヤカのやり方などただ酷いだけ、吸血鬼を吸血鬼として普通に始末する自分が正しいと言えます。だからマスターは劇中で何度も叫びます。「人間の真似事などやめろ」「お前はただの化け物でしかない」「吸血鬼が人間の感情を理解するわけがない」「嘘だと言え」と。まるでサヤカに訴えかけるように。リュウトが人間になっていくのをマスターは必死で止めようしました。全ては恐ろしい残虐な結末を回避するためです。しかし、いつになくマスターが感情的なため、サヤカは異変に気づきます。リュウトの人間化も止められません。どうすることもできなくなったマスターはとうとう強行策に出てしまいます。人間化したリュウトを吸血鬼として無理やり殺そうと。しかし、結果は御覧の通り、サヤカによって阻止されました。そうまでして計画を成し遂げようとするサヤカに対し、やっとマスターは悟ります。こいつの目を覚まさせることなど不可能なのだと。全てを諦めたマスターは最後にサヤカに向けて侮蔑を込めて言います。「あんたが一番の化け物」だと。ついでに言うと、マスターは一貫して2人の名前を呼びません。2人のことをもはや人間だと思っていないからです…。


サヤカはマスターの性格をよく理解しています。マスターが計画を破綻させたがっていることも元々感じ取っていますが、彼女の性格から考えてサヤカ自身にも納得させるために計画を無理やり破綻させることはしないということをちゃんと分かっているのです(具体的にはサヤカが黒幕だとバラしたり、リュウトが吸血鬼だと判明した瞬間殺したりはしないなど)。マスター自身が裏切るということをしない。サヤカはそれを計算して計画に組み込んでいました。事実、マスターは最後リュウトを殺そうとするところまではボロを出したりしつつも、ほぼ指示通りに動いています。最後の反抗も誤差の範疇。結局マスターに結末を変えることはできませんでした。マスターを諌める場面も「ほらね、止めたって無駄だよ」というニュアンスです。サヤカ編で書いた、サヤカの勝ちは初めから決まっていたというのはつまりそういうことです。



 



これで、「今宵のお酒は血のお味」の登場人物の全ての解説を終わります。



長い、長すぎる。


PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
469  468  467  466  465  464  463  462  461  460  443 
プロフィール
HN:
激団甘辛とんぼ
性別:
非公開
職業:
演劇人
自己紹介:
富山大学高岡キャンパス
を拠点に活動しています。

コメディ、シリアスから
感動ものまで
幅広いジャンルに
チャレンジしています!




ご連絡・ご質問はこちらから
Twitter
最新記事
最新コメント
[08/18 engage in poker Online with a billionaire]
[08/11 Jack]
[08/02 Portal sobre a ejaculacao precoce]
[07/13 Paulo João]
[07/04 João Bryan]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
携帯版はこちらから!
Admin / Write
忍者ブログ [PR]