忍者ブログ
富山大学高岡キャンパスを拠点に活動している演劇集団 激団甘辛とんぼの公式BLOGです!
まさか続くとは、とお嘆きの貴兄、

もはやこちらも意地(維持)なのである。あぁ……、ファジー。



今日のブログ担当、小山君である。



「小山君って誰? 知らない先輩がまだいたかしら」と不安になったニューフェイス
のために軽く説明を加えておく(こんなことで不安になったりしない、という冷静な
推測もたつのだが、ここはエンターテイメント的誇大表現で記述)。



小山君とは、劇団甘辛とんぼの団員であって、団員ではない。

ときどき、ブログに書き込みをするのだが、特定の個人、団体に従属するものでな
く、

自由な視点である。すなわち、正しい用途での匿名、極めて純粋な主体、

ある種の鳥瞰のような試験的システムの総称でる。



良く意味が分からない? そんなバナナ、マンゴー、パイナップル。ははは……。



今回のブログ担当は誰だっけ? などと詮索してはいけない。

また、小山君は通常とは異なる時間軸の世界に在住しているため、

更新が日をまたいで十八時間ほど遅れているのは、

誤差である(略してござる)。



ここからが本文。

本日の活動は、前回に引き続き、話し合いがもたれた。

偏りはあるものの、議論は尽くされたのだろう、少なくとも、

合意とはそれが前提条件である、と信じている小山君だ。

この集団の話し合いには以下の特徴があるようだ。

・発言が単発である。つまり、議論の応酬、言い合いが生じない。優しさでしょう
か。

・発言者に偏りがあり、それは、キャリアや年次に比例する。優しさでしょうか。

・自分の希望を提出するものと、誰かの希望を推し量って提出するものがいる。優し
さでしょうか。

・指向する仕事の立場から思考するものと、集団の一員の立場から思考するものがい
る。優しさでしょうか。

・厳しい意見ほど称賛される雰囲気、よって、提出される意見が全体の意志より安全
側に寄る。真面目でしょうか。

・そもそも、こういったディスカッション自体、好まれていない。楽しめるものは少
数だ。博愛でしょうか。

小山君の観察なので、当然事実ではない。

そして、いくつかのことが決まった。

これからどうなる、甘辛とんぼ、

未来は明るい、あにはからんや。

おいちゃんは応援しています。バイ、小山君。

バイバイ。


PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
無題

小山さんお久しぶりです^^笑

これからも応援お願いします!
おかだ 2011/06/22 14:20 編集
→ Trackback
TrackbackURL
242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232 
プロフィール
HN:
激団甘辛とんぼ
性別:
非公開
職業:
演劇人
自己紹介:
富山大学高岡キャンパス
を拠点に活動しています。

コメディ、シリアスから
感動ものまで
幅広いジャンルに
チャレンジしています!




ご連絡・ご質問はこちらから
Twitter
最新コメント
[11/22 spartagen xt supplement]
[11/22 veronaschaeffer.joomla.com]
[11/22 what is shingles]
[11/21 phone psychic reading]
[11/21 propolis]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 10 11
12 14 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
携帯版はこちらから!
Admin / Write
忍者ブログ [PR]