忍者ブログ
富山大学高岡キャンパスを拠点に活動している演劇集団 激団甘辛とんぼの公式BLOGです!
罪の意識を感じない人間はずっとそのままで、成長しない。

誰でも、間違えてこそ世間を知り、

恥をかいてこそ大人になるのよね、

などとスナックのママのようなことを小山君が考えているとき、

その裏では、巨大な陰謀が跋扈(ばっこ)していたのだ!!



というわけで、本日のブログ担当は小山君。

相変わらず、ほのぼのと、ぐずぐずと、べとべとと、だらだらと、

書いて行こうと思う。

貴兄らの輝かしい忍耐力の見せどころである。

今日の活動でエポックメイキングだったことを紹介する。

まず、某体育館の大掃除をした。

ただの掃除と大掃除との違いは、

丹念に磨く、というファクタに集約されるだろう。

下っ端の野球少年のように、道具への感謝の気持ちを再確認する、

という勧善懲悪の流れを汲んだルーツがありそうだ。

他にも類似のもので、

人間への感謝にお礼参り、

地球への感謝に地球愛祭り、などといったものがある。



「みんなで一生懸命がんばって、ぴかぴかになったよ!!」



他にも、音響の候補を試聴した。

音楽の評価は個々人の感覚によるところが大きく、

エルビスなどは、俺はロックしか認めない、と頑なに言い張ったし、

アマリアは、勝手に脳内でファドにアレンジしていた。

しかし、紳士淑女の甘トンメンバ達は、

控え目な意見を慎重に述べるに留めた。

隅のほうで、レノンの奴が、音楽は自由なんだよ、と囁いていたかもしれない。



「音響さん、曲捜し、ありがとうございました!!」



また、講堂の使用に関する話し合いが持たれた。

メンバ達の善意と知力が最大限に発揮され、

あらゆる難問はエレガントに解きほぐされたようだ。

それでもなお、

はたしてこれで良いのだろうか? 

という疑問を小山君は常に持つことにしている。

そうした方が安全だからだ。



 「みんなでなら、乗り越えられるよ!!」



最後に、ゾウにとっての蟻みたいに小事だが、

病欠していた石川というメンバが生き返った。

彼曰く、

仕事がない、何も役割を期待されていない状況というのは、

気体がない、宇宙空間のように、

凍えるほど寒く、プレッシャで血液が沸騰してしまいそう、

だそうだ。



 「働かせてあげて!!」








PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
おしごと…


参観日にきた保護者のように

そっと見守っていて下さい

(´v`)b


後々、お仕事、出来ますよ!
(多分!)


おかだ 2011/09/12 12:48 編集
→ Trackback
TrackbackURL
254  253  252  251  250  248  247  246  245  244  243 
プロフィール
HN:
激団甘辛とんぼ
性別:
非公開
職業:
演劇人
自己紹介:
富山大学高岡キャンパス
を拠点に活動しています。

コメディ、シリアスから
感動ものまで
幅広いジャンルに
チャレンジしています!




ご連絡・ご質問はこちらから
Twitter
最新コメント
[11/22 spartagen xt supplement]
[11/22 veronaschaeffer.joomla.com]
[11/22 what is shingles]
[11/21 phone psychic reading]
[11/21 propolis]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 10 11
12 14 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
携帯版はこちらから!
Admin / Write
忍者ブログ [PR]